【超有料級】相場の強弱を判断してブレイクアウト2波目のエクスパンションを獲りにいくコツ:2020年8月18日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年8月18日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「相場の強弱を判断して2波目のエクスパンションを獲りにいくコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/8/17:ニューヨーク市場ユーロドル相場

このトレードは、リアルタイムで動画撮影していますので、こちらも是非ご覧ください。

続いて、トレードの詳しい解説を行います。

2020/8/18 ユーロドル1時間足

動画内では、ブレイクアウトに飛び乗ってロングエントリーを行っていますが、これには理由があります。

昨日のユーロドル青エリアは、ちょうど7月末から数回に渡って押さえ付けられた高値を越える「節目越え」のブレイクアウトという環境下にありました。

急激なボラティリティの上昇を見ても「強い」という判断ができます。

強い時のブレイクアウトは、大抵2波、3波とエクスパンションが続きますので、恐れずにロングが正解です。

あくまでも強い時限定です。

2020/8/18 ユーロドル1分足チャート

ということで

昨日は下手くそ買いのロスカットも織り交ぜながら

この1分足チャートの2波目エクスパンションと

2020/8/18 ユーロドル5分足チャート

5分足チャートの2波目エクスパンションを獲りにいきました。

この辺りを分けているのは、ボラティリティの性質を考慮に入れているためです。

ボラティリティは、瞬間的に拡大し、徐々に沈静化へと向かいます。

イメージとしては、1分足→15分→1時間足・・・。

といった時間軸の変化と共に、エクスパンションとスクイーズを繰り返します。

1分足のエクスパンションを獲った後は、時間軸を5分~15分に切り替えて、続くエクスパンションを獲りにいったということです。

エントリータイミングについては、動画内でも解説しておりますが

ボリンジャーウォークの可能性も視野に入れつつ「15分足チャートで陰線を付けたタイミング」です。

トルコリラ

2020/8/18 ユーロドル15分足チャート

ボリンジャーウォークには移行しませんでしたが、エクスパンションは無事獲れたトレードとなりました。

利食いに関しては「RSI」を使いました。

こうしたエクスパンションの利食いポイントを計るには、非常に優れたインジケーターです。

このような強いブレイクアウトは稀に訪れます。

そんな時は、恐れずに飛び乗ることも重要です。

それではまたお会いしましょう!