【超有料級】値動きの強弱を判断するコツ:2020年8月17日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年8月17日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「値動きの強弱を判断するコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/8/17:ニューヨーク市場ユーロドル相場

このトレードは、リアルタイムで動画撮影していますので、こちらも是非ご覧ください。

続いて、トレードの詳しい解説を行います。

2020/8/17 ユーロドル2時間足チャート

相場では、いつも同じことが起きています。

それは「大衆投資家の損失」です。

そのため市場心理から逆算して考えると、自ずと次の展開が読めたり、値動きの強弱を判断することが可能です。

これは下の記事にて詳しく解説しておりますが

押し目の底とは「いま買わないと」と欲望で買いに動いた大衆投資家が「売りかも」と恐怖を感じて逃げ出す価格帯にあります。

本日の場合は、レジスタンスブレイクで買いシグナルを点灯させた青エリアです。

ここで「いま買わないと」と欲望で買いに動いた大衆投資家に「売りかも」と恐怖を感じさせたら、仕掛けた側の勝ちです。

2020/8/17 5分足チャート

続いて、この赤エリアですが

  • 始値を割り込んだ→日足が陰線ピンバーになった(反転シグナル)
  • 直近安値を割り込んだ→ロスカットシグナル
  • トレンドラインを割り込んだ→ロスカットシグナル

こんなことが起きています。

実際に、青エリアで買って含み損の買いポジションを抱えていたら、この赤エリアでは相当恐怖を感じるはずです。

本当はサポートラインに触れているにも拘わらずです。

話は戻りますが

その次に赤エリアから切り替えしてきたのは

つまりそういうことなのですが

買い手を潰して「売り」を出していますから、赤エリアからの上昇の流れは「強い」という判断ができます。

そのため、この上昇が乗るべき推進波となります。

トルコリラ

2020/8/17 ユーロドル1分足チャート

市場心理は、よりミクロ視点で見ても同じように現れます。

青エリアは大衆投資家が「いま買わないと」と感じる価格帯で、赤エリアはその大衆投資家が「売りかも」と恐怖を感じる価格帯です。

こうした市場心理を読んでいくと

青エリア内の値動きというのは「買わせ」にきてるようにしか見えません。

サポートラインをあえて作っているような、わざとらしい雰囲気すら感じさせられます。

もちろん、そのまま一気に上昇も考えられたのですが、それはそれで全く構いません。

ということで、動画内のトレードでは

青エリアでショート、赤エリアでロングというトレードでした。

これは、大衆心理の逆に張ってるだけです。

それでは、またお会いしましょう!