【必勝パターン】ペナント内でトレンドフォローするコツ:2020年8月5日ニューヨーク市場ドル円相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年8月5日ニューヨーク市場ドル円相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「ペナント内でトレンドフォローするコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/8/5:アジア市場ドル円相場

2020/8/6 ドル円15分足チャート

8/5のドル円相場は、上値更新が続かずできず下降していました。

ユーロやポンドなどの他通貨が調整後の上昇に入っていることからも、再びドル安方向に舵を切っているようにも見えます。

直近の値動きとしては、他通貨と比較すると下降が限定的であること、上値が重いチャート形状から

「円高自体は強くないが、方向は円高」

というイメージが沸きます。

そんな中でフラッグを作っていた昨日ニューヨーク市場では、トレードチャンスが巡ってきました。

フラッグのブレイクアウトの騙しからの流れをトレンドフォローするタイミングが訪れました。

Aのポイントではフラッグを上抜けていますので、買いが生まれています。

その買いが次の売りの推進材料となっているので、乗るとしたらこの流れです。

ペナントでは、このような値動きが起こるまで待つことが重要です。

エントリータイミングは、移動平均線で反発上昇を見せた辺り、この買いシグナルに逆張りです。

方向は明らかに下降と決定している段階なので、移動平均線反発は、買いシグナルになり得ないということと、極力高く売れる絶好の機会です。

LINE証券 FX口座開設

ということで、ブレイクは狙わずペナント下限で利食いました。

ドル円は膠着しているので、値動きが面倒臭いからです。

●S:105.77~TP:105.67/+10Pips

上出来です。

それではまたお会いしましょう!