【チャートを疑う】高勝率な三角持ち合いトレンドフォローのコツ:2020年7月21日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年7月21日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「高勝率な三角持ち合いトレンドフォローのコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/7/21:ニューヨーク市場ユーロドル相場

2020/7/21 ユーロドル5分足チャート

ニューヨーク市場に移り、ユーロドルが下げてきたのでロングエントリーをしました。

はじめから「三角持ち合いを下抜けてから上昇する」と思っていたので、三角持ち合いを下抜けたタイミングでエントリーしたのですが

これはよくあるパターンです。

こんな短期の三角持ち合いを信用すべきではありません。

特に、買い相場であるため売るというのは更にNGです。

特筆すべきトレードではありませんが、強いて言えば相場環境として「買いが強い」という背景があることで、エントリーに踏み切れるパターンでもあります。

ということで

●L:1.1428~TP:1.1447/+19Pips

というトレードで終わりました。

何となく伸びるのではと思っていたのですが

この程度の利食いをコンスタントに、かつ確実に取っていくスタイルなので伸びしろは捨てています。

たまに大勝ちするよりも毎日確実に10Pipsの利益を出せることが、相場で生きていく者に求められる力量です。