【市場心理】プライスアクションを使ったトレンドフォローのコツ:2020年7月20日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年7月20日ニューヨーク市場ユーロドル相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「プライスアクションを使ったトレンドフォローのコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/7/20:ニューヨーク市場ユーロドル相場

2020/7/21 ユーロドル15分足

ニューヨーク市場に移り、ユーロドルが下げてきたのでロングエントリーをしました。

エントリーの理由は

「陽線だった日足が陰線のピンバーになった」

からです。

ラインは本日始値です。

このラインを割り込むと日足が陰線「ピンバー」になります。

ピンバーは反転を示すプライスアクションです。

そのため、市場心理としては売りに傾くので、売り手が出てきます。

ところが

現在のユーロドル相場の戦略は「押し目買い一択」です。

それぐらい強い買い相場なのです。

つまり値下がったら、圧倒的に買いが有利ということです。

ということは

日足がピンバーだろうが何だろうが、騙しの確率の方が高いという算段になり、反対にこの値動きで生まれた売りというのは、ストップロスなどの買いとして、次の推進材料となり一気に上昇する可能性もあります。

実は、このように「日足などが始値を割り込み陰線になった後に再び陽線に戻る」

というパターンは非常に多いので、特に強いトレンドの中では使えます。

あとは私がいつも使っている「勝率80%」の鉄板トレード手法が当てはまる局面だったということも重なっているため、エントリーに踏み切りました。

ということで

●L:1.1407~TP:1.1423/+16Pips

というトレードとなりました。

今回のトレードについては、詳しい解説をYoutube動画で撮影しましたので、こちらも是非ご覧になってみてください。

それではまたお会いしましょう!