【なぜまだ買えるのか】レンジ相場の中における売買バランスを見極めるコツ:2020年7月17日ニューヨーク市場ドル円相場のFXトレード【FXトレード記録】

こんにちは!

脱サラ系FXトレーダーの”はぶ”です。

2020年7月17日ニューヨーク市場ドル円相場のFXトレードの記録とエントリーの理由を解説します。

今回は「レンジ相場の中における売買バランスを見極めるコツ」について言及していますので、参考にしてみてください。

目次

DMM FX

2020/7/17:ニューヨーク市場ドル円相場

2020/7/17 ドル円10分チャート

ニューヨーク市場ドル円は、10分足チャートから計2回のロングエントリーを行い、1勝1敗となり、計-2Pipsでした。

①L:107.13~LC:107.06/-7Pips
②L:106.95~LC:107.00/+5Pips

ロングの理由は、まだ売りが強くないと感じるからです。

売りが推進するためには、どこかである程度、買いのエネルギーを貯めにいく必要がありそうです。

そのため、下がってきたらまだ買いにいけると思ってのロングとなります。

LINE証券 FX口座開設

2020/7/17 ドル円4時間足チャート

現在のドル円相場は、買い優勢というよりは、まだ売りが弱いというイメージです。

しかし、レンジに入るということは、次第に売りが強まっているのかもしれません。

レンジ帯で買いのエネルギーを貯めて、やがて下にブレイクしていくという流れも想定しています。

その時は、その時の流れに沿ったトレードが無難です。

それではまたお会いしましょう!