FXテクニカル分析の基礎「ダウ理論の6つの基本原則」とは

こんにちは!

脱サラFXトレーダーの”はぶ”です。

ダウ理論は全てのテクニカル分析の基礎であり、FXで勝つためには必ず抑えておく必要のある理論です。

6つの基本原則から構成されるダウ理論は、全ての内容を理解することで、トレードにおいて非常に強い武器となります。

そこで「ダウ理論の6つの基本原則」について、一つずつ分かりやすくご紹介します。

FXで勝ち続けるために必ず役立つ知識です。

是非読んでみてくださいね!

目次

DMM FX

ダウ理論概要

ダウ理論とは

ダウ理論とは、19世紀米国の証券アナリスト「チャールズ・ダウ」が提唱した相場の値動きを評価するための理論で、次の6つの基本原則から構成されています。

ダウ理論の6原則
  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

    ダウ理論は全てのテクニカル分析の基礎と言われ、世界中のトレーダーに参考とされています。

    チャールズ・ダウとは

    もとは新聞記者であった「チャールズ・ダウ」は、主にNY証券取引所での相場に関する記事を執筆していたとされ、この取材経験を基に提唱されたのがダウ理論です。

    現在、世界最大の経済新聞と呼ばれる「ウォールストリート・ジャーナル」は、チャールズ・ダウが設立したダウ・ジョーンズ社」が発刊した経済ニュースレターがになっており、その中で掲載された「ダウ平均株価」は今日でも米国の代表的な株価指数として活用されています。

    トルコリラ

    ダウ理論の6原則

    1.平均はすべての事象を織り込む

    この原則は、市場価格はファンダメンタルズを含めたあらゆる事象を織り込み済みである、という考え方です。

    金融政策や経済指標、政治的要因や予測不可能な自然現象に至るまで、市場価格に影響を与える材料はすべて値動きに反映されているとしています。

    そのため、値動きに注目したテクニカル分析の重要性を示したものでもあります。

    「平均はすべての事象を織り込む」とは原文「The Averages Discount Everything」を直訳したものになり、この場合「平均」とは市場すなわち価格を表しています。

    2.トレンドには3種類ある

    ダウ理論ではトレンドを重要視しています。

    なかでもこの原則は、時間軸を基準としてトレンドの周期は「長期・中期・短期」の3種類に分類されるという考え方です。

    • ①長期トレンド(プライマリートレンド)…1年~数年の長期サイクル
    • ②中期トレンド(セカンダリートレンド)…1週間~数か月の中期サイクル
    • ③短期トレンド(マイナートレンド)…3週間未満の短期サイクル

      これらのトレンドは互いに独立している訳ではなく、長期トレンドの調整局面では中期トレンドが、中期トレンドの調整局面では短期トレンドが作られ

      全体としてのトレンドは複合的に合わさり形成されていくとしています。

      3.主要トレンドは3段階からなる

      ダウ理論では、主要トレンドは投資家の動向により次の3段階からなるとしています。

      • ①先行期
      • ②追随期
      • ③利食い期

        ①先行期

        先行期は少数の投資家が底値買いを行う時期です。

        メディアでは弱気な報道がされていますが、トレンドの転換点と判断した大口の投資家などが少しずつ買い集めをしていきます。

        市場価格は下降、もしくは底値圏で上下していることが多く、その後緩やかに上昇していきます。

        ②追随期

        追随期は、市場価格の上昇を捉えた多数の投資家が追随買いを行う時期です。

        ファンダメンタルズなどにも好材料が確認されると共に楽観的な報道が増え、市場価格が大きく上昇していきます。

        追随期はトレンドフォローを行うに最も適した時期です。

        ③利食い期

        利食い期はトレンドの最終段階です。

        市場価格が充分に上昇したと判断した投資家が利益を確定する時期です。

        特に先行期に買いを入れた大口の投資家が利益を確定する時期でもあり、市場価格は上昇にあるものの、その推進値幅は少なくなりやがてトレンドが終わります。

        利食い期の特徴として、メディアなどで強気な報道をされることが多いため、素人投資家の参入が増える時期と言われています。

        【外為ジャパンFX】入金

        4.平均は相互に確認されなければならない

        この原則では、価格の相関性について述べられています。

        関連性のある複数の銘柄に同じシグナルが見られなければ、明らかなトレンドとは認識できないという考え方です。

        ダウ理論では「工業平均株価」と「鉄道平均株価」について述べられていますが、19世紀の米国では工業生産が盛んになると製品輸送のために鉄道が整備された時期でもあり、工業生産の好不調が鉄道業の経営に即影響したことから両者に相関性があると見ていたそうです。

        為替市場では、基軸通貨である米ドルを中心に相関性が見られます。

        例えば、「ユーロ/円」という通貨ペアは「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」の複合通貨であるため、取引にあたり米ドルを円で購入し、米ドルでユーロを売買していることになります。

        このような相関関係を踏まえると、複数の通貨を分析することの重要性が伺い知れます。

        5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

        ダウ理論では、トレンドを判別する方法として値動きの次に出来高の推移を重要視しています。

        この理論はトレンドが本物であれば出来高にも影響するという考えで、例えばアップトレンドであれば価格の上昇時には出来高も大きくなり、調整局面では出来高も減少するというものです。

        出来高は長期トレンドの方向へ拡大する必要があると考えられていたようです。

        これは長期トレンドに沿って取引する投資家が多数派であるという理論に基づいています。

        出来高が伴わない上昇(下降)は騙しが多いとよく言われますが、こうした理論が根拠になっていると考えることができます。

        出来高とは取引所において成立した売買の総数のことを指します。
        こと株式市場では出来高が明示されておりますが、為替市場では出来高を正確に把握することは出来ません。

        そこで、出来高とは多少概念の違いがありますが、「シカゴIMM通貨先物ポジション」をチェックする方法があります。
        シカゴIMM通貨先物ポジションとは、先物の取引所として有名なシカゴマーカンタイル取引所(CME)で取引されているポジションのことで、中にはヘッジファンドを代表とする投機筋のポジション数量もチェックすることができます。

        6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

        この原則は、市場のトレンドは明確な転換シグナルが現れるまで継続し続けるとした、トレンドの継続性についての考え方です。

        トレンドの定義を成す理論であり、テクニカル分析において最も重要視されています。

        市場価格の値動きは基本的に長期トレンドに沿って動きますが、トレンドには終焉がありそれには明確なシグナルがあるとされています。

        トレンドの明確な転換シグナル

        トレンドの転換シグナルは次の通りです。

        • アップトレンド→「押し安値」を下抜けた時
        • ダウントレンド→「戻り高値」を上抜けた時

          「押し安値」とは最高値を付けた直近の安値のことで、「戻り高値」とは最安値を付けた直近の高値のことを言います。

          上のチャートはアップトレンドの局面ですが、押し安値を下抜けたあとにトレンドが消滅していることが分かります。

          同じように、下のチャートでは戻り高値を上抜けたあとにダウントレンドが消滅しています。

          トレンドの継続を左右する押し安値(戻り高値)は特に注目されるため強い抵抗となる場合があり、ブレイクするまでに時間がかかることがあります。

          こうした値動きは、天井(底)でトレンド転換を示す「ダブルトップ」「ヘッドアンドショルダーズ」などのリバーサルパターンとして現れます。

          ダウ理論によるトレンドの定義

          この原則から、トレンドは次のように定義できます。

          トレンドの定義
          • 連続する高値と安値のそれぞれが、その前の高値、安値より上である限りアップトレンドである。
          • 連続する高値と安値のそれぞれが、その前の高値、安値より下である限りダウントレンドである。

          ダウ理論はトレンドに従った売買を行うことで投資家は利益を上げることができ、トレンドに逆らった売買で利益を得ることは難しいとして締めくくられています。

          LINE証券 FX口座開設

          まとめ

          今回ご紹介した「ダウ理論の6つの基本原則」は、FXで勝つために絶対に押さえておくべき重要な相場の理論です。

          FXで勝ち続けるために、覚えておきましょう!

          最後に簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

          ダウ理論6つの基本原則まとめ
          1. 平均はすべての事象を織り込む
          2. トレンドには3種類ある
          3. 主要トレンドは3段階からなる
          4. 平均は相互に確認されなければならない
          5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
          6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

          次の記事では、テクニカル分析では欠かせない方法となる「マルチタイムフレーム分析」について詳しくご紹介していますので、下のリンクから是非ご覧ください。

          それではまたお会いしましょう!