FXで稼ぐ方法を本気で話そうと思う

FX専業トレーダーが「FXで稼ぐ方法」を徹底的に伝えるブログ

「テクニカル分析」の記事一覧

ローソク足から読み解く値動きと市場心理「プライスアクション」の重要な9種類の基本パターンとは

プライスアクションとは値動きから相場を分析する方法です。テクニカル分析には様々な方法がありますが、最も基本的なものは値動きにあり、値動きを表すローソク足を知ることは相場の流れを理解することに繋がります。そこでFXをはじめ相場の最も基本的で重要なテクニカル分析法となる「プライスアクション」について、分かりやすくご紹介します。

FXの重要なインジケーター6種類とおすすめの組み合わせとは

FXにはたくさんのインジケーターがありますが、あれもこれもと使う必要はありません。そこで今回は「これだけは覚えておきたい」と思えるインジケーター6種類について、まとめてご紹介します。また効果的なインジケーターの組み合わせについてシーンに合わせてご紹介します。

一目均衡表の使い方と一目均衡表を使ったFXのトレード戦略とは

一目均衡表は、相場の均衡状態を表すインジケーターです。難しそうなテクニカル指標にも思えますが、見方さえ覚えてしまえば、一目で相場の均衡状態を把握できる非常に視覚的で画期的なインジケーターです。そこで「一目均衡表」の概要、使い方、売買シグナルまでを分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

MACDの使い方とMACDを使ったFXのトレード戦略とは

MACDは、移動平均線から派生した2本の基本線を使うことで高精度なテクニカル分析を可能としたインジケーターです。そのため売買シグナルの性能も高く、特に初心者向けにおすすめできるインジケーターの一つです。そこで「MACD」の概要から使い方、売買シグナルまで分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

ストキャスティクスの使い方とストキャスティクスを使ったFXのトレード戦略とは

ストキャスティクはRSIと同じオシレーター系のインジケーターです。RSIと異なる点として多数の明確な売買シグナルを持っているため使いやすさに利点があります。そのため初心者にも扱いやすく、使い方によってはオシレーター系の中でも最も優れたテクニカル指標としてトレードチャンスを示してくれるかもしれません。そこで「ストキャスティク」の概要と使い方、売買シグナルまでを分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

ボリンジャーバンドの使い方とボリンジャーバンドを使ったFXのトレード戦略とは

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差を示すバンドで構成されたインジケーターです。トレンドの判別はもちろん、順張りシグナルと逆張りシグナルを併せ持っている非常に万能なテクニカル指標の一つです。そこで「ボリンジャーバンド」の概要と使い方、売買シグナルまでを分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

RSIの使い方とRSIを使ったFXのトレード戦略とは

RSIは相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を示すオシレーター系のインジケーターです。レンジ相場との相性が良く、トレードチャンスの乏しいレンジ相場を利益のチャンスに変えてくれるかもしれません。そこで「RSI」の概要から使い方、売買シグナルまで分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

移動平均線の使い方とグランビルの法則を使ったFXのトレード戦略とは

移動平均線は最も基礎的でありながら、最も重要なインジケーターです。FXでは広く使われている移動平均線は、その概念を正しく理解することで飛躍的にトレードに役立つテクニカル指標となることは間違いありません。そこで「移動平均線」の概要と使い方、売買シグナルまでを分かりやすく、実例と併せてご紹介します。

FXで高勝率を出せるチャートパターン「ハーモニックパターン」5種類とトレード戦略とは

ハーモニックパターンは、非常に高勝率として知られているチャートパターンです。一見複雑な形をしたパターンですが、波形のメカニズムを理解することで、非常にシンプルに覚えることが可能です。ハーモニックパターンを使いこなすことで、新しい利益のチャンスに繋がるはずです。そこで「ハーモニックパターン」の特徴と重要なパターン、トレード戦略について分かりやすくご紹介します。

一目均衡表の波動論に学ぶFXの波動6種類と値幅論を使ったトレード戦略とは

相場の波動がどのように作られ、どこまで推進する可能性があるのかを知ることは、エントリーとエグジットの明確な根拠となります。そこで、今回は一目均衡表の理論の一つ「波動論・値幅論」から、相場の波動6種類と推進値幅の計算値を分かりやすくご紹介します。